南アルプス・陽の果農園の桃!~産直はやっぱりおいしい!

日記

前職の先輩が継がれた農家の桃を取り寄せました。
こだわって丁寧に育てられた桃、某サイトでNo1も獲得しているそう。
もーーめちゃくちゃ甘くておいしい! 

なぜこの農園の桃がおいしいの?

産直販売サイトポケットマルシェ果実部門でV3!

以下、農園Instagramでの投稿を抜粋します。

① 土壌の水はけが良い
陽の果農園のある南アルプス市は扇状地だったため石が多いんです。そして砂壌土。そのため異様に水はけが良い。なので、今年のように長梅雨で、雨続きでも土壌に水が長く溜まることがないので、桃も必要以上に水を吸わない。つまり、糖度が下がりにくい。

②収穫タイミングが遅い
通常、市場に出荷する桃は、ガチガチに硬い状態で収穫します。「早もぎする」と言っていますが、そうしないと流通途中で追熟し、店頭に並ぶ頃には食べ頃を過ぎてしまう恐れがあるんです。
でもね、桃っていつまで木に付いているかで糖度が変わってくるんです。当然早く収穫したら、糖度は上がりきらないまま。追熟して柔らかくなったとしても、甘くはなりません。
その点、陽の果農園の場合はギリギリまで収穫しないので、木のままで熟度が上がってきます。(陽の果農園では「木熟する」と呼んでいます)

特に②については、けっこうリスクが高いので、内心ドキドキもします💦
熟度が高いということは、その分傷みやすいということだから。

先日、園主がボソっと 「陽の果農園の桃は俺にしか収穫できない」

と一見カッコいいこと(?)を呟いたのも頷けます。

まぁ、とにかく慎重&丁寧な人なので(^^;
普通に収穫したら桃に指の跡が付いてしまいそうな熟度の桃でも丁寧に収穫してくれます。

自宅に桃が到着!

そんな陽の果農園の桃、
今回ちょっと出遅れ、アウトレットあるよーとの投稿を見て、
まずは3キロ自宅用に注文してみました。

翌日3kg用の箱で到着!
箱のサイズ感分かるかな?

開けてみるとこんな感じ。8個の桃が入ってました。
今回こちらはアウトレット3㎏の注文で キロ500円×3+送料1150円
多少茶色くなっているところやシミのようなものがついているところがありますが、
自宅で食べる分には全く問題なかったです。

あと別に実家に贈答用を2㎏3000円+送料1150円で注文しました。

1玉がすごく大きい!
おとなり、断捨離で出てきたテレカ。
(写真でサイズ感を伝える共通のものって以外にないなと思いました。
定規置けばよい??)

この一個を切っただけで、直径20センチの平皿山盛り!!

到着したその日は少し固め、ちいさくシャリっという感じ。

甘さは!
一切れ食べて、3分経っても口の中がにまだ甘さが
残るほど甘い!味が濃い!
いやーーー美味しい!

丁寧に作っておられる努力の結実がこんな味になるんですねー

私はやわらかめが好きなので、明日以降追熟されるのが楽しみです。
来年は自分用に贈答用を買ってみます!

農園情報

陽の果農園

次男に撮影協力依頼。

HPはコチラ
Instagramはコチラ

もう桃は収穫終了直前で、サイトにはSOLDOUTになっていますが、
アウトレットはまだあり、贈答用もよいものが収穫できれば
出荷できるそう。

そして桃が終わっても、この後はブドウが!
ブドウも以前に取り寄せましたが、これもまたおいしかったです^^

先輩はすべての子供が虐待なく幸せに育ってほしいと、
農園の嫁かつ、子育て支援の活動もされています。
情熱持って事に当たるとっても素敵な方。
そちらもリンク張っておきます。
Fosterlife

The following two tabs change content below.
あやこ

あやこ

「自分の人生を生きる人を増やす。誰でもいつからでも幸せになれることを体現して伝える」が、ライフワーク。 金沢でコーチングを通して大人と子どもの自立(自己肯定感UP)を提供しています。詳しいプロフィールはこちら
あやこ

最新記事 by あやこ (全て見る)

タイトルとURLをコピーしました