あらためて、さとる~「責」は一利なし。

わが子コーチング

他人を責める、

自分を責める、

どちらも何も生まない。

子どもなら、

部活でもっといい成績上げたい。

遅刻しないように、学校にいく、

勉強頑張りたい、などなど。

親か子どもを、責めても

子どもができない自分を、責めても、

健全に頑張れるたねまきには結びつかない。

一時的に、責められるから、やる、と、行動が変わっても、欲しくない副産物がたくさん。

→人も責める、とか、責められるからやる、と自分で考えなくなったり、自己肯定感が低くなる、など。

大人も自身も、大人同士も、全く同じ。

「責める」をやめるだけで、コミユニケーションの問題のほとんどは解決できると思えるくらい。

私はあらためて気づいて、やめてみたら、すごい変化が現れました。具体例はまたあとで。

人を責めてませんか?

自分を責めてませんか?

ちょっとやめてみたら、絶対世界かわります。絶対。

The following two tabs change content below.
あやこ

あやこ

「自分の人生を生きる人を増やす。誰でもいつからでも幸せになれることを体現して伝える」が、ライフワーク。 金沢でコーチングを通して大人と子どもの自立(自己肯定感UP)を提供しています。詳しいプロフィールはこちら
あやこ

最新記事 by あやこ (全て見る)

タイトルとURLをコピーしました