私を絶対に責めない人。

コーチング
チームラボにて。 永遠の今の中で連続する生と死、コントロールできないけれども共に生きる

昨日のセッションにて。

前回セッションのときに、これやってみます!と決めたことがほとんどできていませんでした。

結果として実行できなかった。間違いないです。

けれども、やろうと思ったのにできないのは環境設定なのか(道具がないなど)、心にブロックがあるのか、そもそも目標があってなかったのか、過程で知らされたことがたくさんありました。

目標を設定したからこそ、得られたこと。これはこれで大きな収穫。

そして、今回の結果をもとに、やり方を修正して、次回までもう一度トライすることに。

なぜそう捉えられるようになったのか

過去ーコーチなしー

自分一人で、やろうと思っていたことができなかったら、
「ああできなかった><」と不毛に自分を責める。

そして、私のできないことリストの項目を一つ増やして、
目標を立てないほうがよかった。チャレンジしないほうがよかった。
と、自己肯定感を下げ、新たな目標を立てるのが怖くなる・・・・・繰り返し。

現在ーコーチありー

コーチは、私ができなかったことを報告しても、絶対に責めません。絶対に。

「絶対に責められない」

この安心感から、嘘をついたりごまかしたりせず、できなかったことはできなかったと報告できる。

そして、なぜ今回はできなかったという結果だったのか、一緒に分析して、今後に活かす、
というステップを踏めるようになりました。

コーチとの関わりは自分との関わり

自分を責めることがクセになっていた私。

では、過去、自分を責めて、何か建設的に未来につながったかというとそうではなく。
不毛にエネルギーを消耗して、終わっていました。

それが常に責めない関わりを取るコーチと接してきて、
「あ、責めず無駄に落ち込まないほうが未来につながるんだ」
とコーチと接していないときにも、思考と行動に変化が出てきています。

自分とうまく付き合えていないときは

自分の思考のクセ、行動のクセが、どうも未来につながらないように感じる時は、
自分を信じてくれる人との時間を多くとるとよいです。

相手が私を信じてくれる、それが自分が自分を信じられるきっかけになる。
そして、信じられなかった自分を信じられるようになったら、
どんな相手も信じられるようになる。

そんな風に自分を信じ、相手も信じられる輪が広まっていけばいいなと思います^^

The following two tabs change content below.
あやこ

あやこ

「自分の人生を生きる人を増やす。誰でもいつからでも幸せになれることを体現して伝える」が、ライフワーク。 金沢でコーチングを通して大人と子どもの自立(自己肯定感UP)を提供しています。詳しいプロフィールはこちら
あやこ

最新記事 by あやこ (全て見る)

タイトルとURLをコピーしました